【舞芝堂公式ブログ】まいさんの活動オフレコ!

舞芝堂公式ブログです。軽度で診断された、精神障碍&発達障碍の当事者&治験者目線で、発信している活動などのオフレコ的に書いています。

だから京都は「狂都」になってしまった。(§4:大阪とまでは触れられてない京都の二重行政)

さて、このタイトルでの内容も4つ目となりました。

 

まずは、この動画を参考までにご覧ください。

特に『後半部分』をよく聞いてください。

www.youtube.com

 

はい。どうでしたでしょうか?

当時、大阪市長を務められておられました、橋下市長。

とある質問発言した大阪市民への制裁論破の

動画のようですが、実は、京都のことも、

発言した大阪市民の質問しかり、

当時の大阪市長の答弁しかり、

京都府京都市が、

二重行政であることについて、

触れられており、当時の橋下市長の答弁として、

 

京都府京都市政令市)は、二重行政で

大阪ほど言われておらず、二重行政であることを

ずっと言われ続けてきたが、大阪のように、

役所を作り変えるまでという経緯はないですが、

間違いなく、京都は『二重行政』です。」

 

と締めくくって、この動画は終わっています。

(さらに質問は続いているような感じですが。)

 

さぁ、大阪では、すでに始まっている、

 

二重行政をぶっ壊す! 大阪都構想

 

大阪市交通局はなくなり、大阪シティーバスと、大阪メトロへ。

そして、区の編成も変わっていくであろうと思いますし、

おおさか維新の会が、ブレなければ、いける!と思っております。

 

手続きから何から何までわかりやすく、

窓口をシンプル化することも重要です。

 

京都は、いつになったら、京都市交通局を解体するのでしょうか。

京都地下鉄道・京都シティーバスとかになるのでしょうか。

 

とりあえず、京都を『洛北・洛中・洛南・洛西・洛東』の

5区に分けて、まずは、京都市をぶっこわーす!(解体)しないとですね。

上京区だ、中京区だ、いろいろややこしいんです。手続き上。

それは、舞芝自身も、不動産を探したり、転居するときに、

かなりの面倒な手続きがありましたからね。

 

京都の二重行政を、ぶっこわーす!

障碍者福祉政策を、めっちゃ増やーす!

 

私も、『軽度内部障碍者(精神・発達)の生きる人権を守る会』

を、近日中になるかわかりませんが、正式に設立しようと思います。

 

ですが、大手動画サイトや、SNSなんてものは使いませんよ。

地道な活動で進めてまいります。

舞芝グループの『活動理念』の重要なお知らせ。

舞芝堂・舞芝堂工房を合わせた、『舞芝堂グループ』では、

表記をしてきたつもりですが、抜け落ちていた部分もあるので、

改めて書いておきたいと思います。

 

活動者として動いては止まってを繰り返している、

私、舞芝自身、『軽度障碍者』として、

『発達障碍』『精神障碍』を併せ持っております。

 

到底、統合失調症など、重度、ないしは重度に近い

障碍をお持ちの方に関しては、専門機関が多数あり、

私自身も、そこまでの知識を持ち合わせておらず、

対応をすることができません。

 

※障碍には一言で言いきれないくらい、

細かいくらいあります。

 

『舞芝自身のこと+α程度』と思っていただけたら・・・

ということで、

 

軽度判定された精神障碍者・発達障碍者の各当事者

(目安:障碍者手帳・障碍年金などで『3級認定』の方)

専門に、活動を絞って進めておる次第ですので、

その点をはっきり掲示しておきます。

 

私、舞芝自身については、以下にて書いておりますので、

お読みいただけますと幸いでございます。

(舞芝堂工房HP内にて掲載。)

 

msdcb.crayonsite.com

 

今後とも、活動理念としても、

舞芝堂工房で同じく運営しております、

『内部障碍(発達障碍・精神障碍)当事者人権会』

(通称:内部障碍者の生きる権利(人権)を守る会)

に関しましても、基本原則として、

『軽度の精神障碍当事者』と『軽度の発達障碍当事者』

のみ限定の啓発・活動・発信をしてまいりますので、

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

また、2019年中に抜けている個所を随時修正し、

『軽度』という文字を補填してまいります。 

 

改めて、舞芝堂グループの活動にご理解・ご支援のほど、

よろしくお願い申し上げます。

 

以上、舞芝堂グループの活動に関する、

『軽度内部障碍者専門のみ』の主旨であることの

お知らせでした。

だから京都は「狂都」になってしまった。(§3:東陣と崇仁(数陣))

まずは以下の記事を読んでから、

本編をお読みいただけますと、

幸いでございます。

msdcb.hateblo.jp

msdcb.hateblo.jp

msdcb.hateblo.jp

 

さて、本題に入りますが、風の便り…

なのかな、

まだ『敵軍・KAE軍』の最新情報か、

わかりませんが、

『迷惑「偽物NPO」業者』こと、

偽善者グループAは、

移転しているはずなのにも関わらず、

(※国家機関に開示されている

登記内容から察知)

 

まだ前の『迷惑施設(町家サティアン)』

居座っているという話が、私の耳に、

舞い込んできました。

 

確かに不動産を伝ってみても、

売却・賃貸物件としてあがっておらず、

あくまでも『貸し物件』のはずなので、

急に『購入・所有物件』にはならないはず

であると思われます。

(現状、郵便受けなどが設置されたまま。)

 

京都の中心部やや北にある、『東陣』。

同志社大学が大半を占めているこの

『東陣』。

住む場所ではないことだけは、

敢えてお勧めしておきます。

なんでか。

 

①深夜までやっているお店が少ない。

(スーパーなど)

②食べ物屋が少ない

③学生しかいないので、うるさい。

(治安が悪い)

④地下鉄は学生と観光客しか乗れない状況。

⑤GEOやセカンドストリート

ツタヤなどの買い物ができる場所もない。

TSUTAYAも一時期長くあったが閉店。)

⑥バスの系統は、まぁまぁあるが、

なにせ最終時間が早い。

 

同じ「じん」がつく場所として、

京都駅東部、崇仁(すうじん)という

場所がある。

河原町七条~塩小路高倉周辺である。)

 

今、被害にあわれている、

京都市立芸術大学(通称:京都芸大)と

京都市立銅駝美術工芸高等学校

(京都銅駝美工高)の2つが、

崇仁へ移転するのに、着々と準備を

進めているようですが、

いろいろ遅れている模様。

平成35年を目標になったわけで、

つまりは2023年になるのでしょうか。

 

芸術や文化、アートなどについては、

この2つの大学高校を中心に、

『崇仁ブランド』として新しい風が

吹くのではと、期待しています。

 

同じ読みで、『数陣』というゲームを、

ご存じですか?

まぁいえば、Windowsを使ってる人は

大体ご存じであるかと思いますが、

マインスイーパー』のようなもので、

数字をつなげて、陣取りをして、

陣地を増やしていくゲームです。

 

京都の町を、陣取っていって、

如何に文化と芸術を創造し、

新崇仁ブランドに定着させていくかが、

京都芸大の使命』なんじゃないかなと。

 

他の地域で、意味もなくイベントに

便乗してやっている、

Fラン大学のOB・OGが芸術だなんだと

いっているものは、はっきり言って、

まったくもっていらない。迷惑なだけ。

 

『まがい物を、京都のあちこちに

まき散らすなよ』と。

わけのわからないことを『まちづくり』に

無理やりこじつけ、子供も巻き込み、

いろんなところを巻き込んで、

荒らすだけ荒らしていく、中心グループ、

『迷惑「偽物NPO」業者』こと、

偽善者グループA

 

これら迷惑・偽物・成果主義を一切排除し、

文化・芸術は、下京区中心の方針のみ

全然いいと思います。

 

京都芸大さんを中心に、下京を中心に、

厳選された、ちゃんとした業者や団体と

共に、まずは無駄な迷惑物を京都から

排除し、頑張っていただきたいと思います。

 

これからの京都は、

『THE・SU-JIN(崇仁・数陣)』

 

東陣はもう、終わったのです。

まだ気づいてないのでしょうかね?

『迷惑「偽物NPO」業者』こと、

偽善者グループA

あなたたちはもう、京都にいらない、

不要です。 東京にでも行ってください。

 

『偽善者グループA』が絡んだ事件の

『被害者』は、数知れないと思いますしね。

私たちもそのうちの一部です。

 

『迷惑「偽物NPO」業者こと、

偽善者グループA)含めた、

『敵軍・KAE軍』を、ぶっ壊ーす!!